スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.02.24 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Room - 1984の悲劇


 いや、

 ほんと、

 どうでもいいんだけどさ。



 Room - 1984 って、



 略すると     R-19  じゃない???

 もしくは、    R-84 ?

 R指定かよ!!!   って、思ったりする。




 ちなみに、R指定の「 R 」は Rating の R らしい。

 等級に分けるって意味だって。


 あーーー、どうでもいいなぁ。


のりだー


「紡ぐ」

連日の投稿ですね
何だか、そんな気分
どんな気分だよって突っ込みも受け入れますよ
さぁ、きたまえ


はい、変なノリです
すいません


普段、会話で言葉を発します
まぁ、当たり前ですけど
意外に思いつきの言葉を言う事が、多々あります


おかげで、よく、会社内で問題発言に繋がります(笑)


 クリックで挿入



ブログと言う空間
自分のブログを公開したのも、こちらのブログを作成した(のは きむ ですが…)のも意図があります


たぶん・・・


ブログを書くことで、「言葉を紡ぐ」ことが増えてきます
思いつきで書くこともあれば
きちんと考えて書く事


時には、詩だって書きますよ


きっとね・・・


言葉を紡ぐ時、深い所にいる自分に会える
自分が、自分に会うために、
言葉を紡ぐために、自分に会う


紡いだ言葉を公開して
誰かの心を動かせたとしたら
どれだけすばらしいだろう
そんな人間になりたいなと思いつつ…

                                by もち



場所のアフォーダンス!



 ア フ ォ ー ダ ン ス が ち が う ぅ !

 てことを思いますね(笑)

 広い! 広すぎないけど、広い!
 ラジオ体操だって、やろうと思ったらできちゃうわけです!

 10人弱ぐらいなら、まぁ、入るしw

 ごろごろころがることもできれば、ソファーでぐったりも。
 ガスコンロが2口あるなんて、そんな理想的な台所ないっすよ(>_<)

 おかげで、食生活がすこぶる改善されております。
 野菜も食べるし、もやし1袋を、腐っちゃうからって2回で使い切らなく
 てもよかったりしております。 これは、シェアによるアフォーダンス。


 何かができるということは、それが可能な( もしくは可能そうな )
 ところにいないとなかなか発想されないもんです。 前の部屋で毎日
 ラジオ体操するなんて言ったら、ぶっ飛んだやつだと思われるでしょうが、
 ここならできんこともないわけ。

 広い、空間がある、というだけで、生活が豊かになりますね〜


 このアフォーダンスをどれだけ活用するか、引き出すかが大きなテーマ
 です。この場所において、コミュニティを育むことができるのも、1つ。

 今日、イベントの告知をしていたら、お世話になったくせに、えらい
 長いことお会いできていない人が多いこと。。。 だいたいにおいて、
 理由がないと会わないんですよね。人間って。単発のイベントでお会い
 しても、そりゃあ、なかなか続くもんじゃない。

 だから、続く場所が欲しかったわけです。
 ここは、生活の場だから、ずっと稼動し続けるわけです。


 この場所を持った意味は、このアフォーダンスにあるわけです!




 と、言うことで、 遊びにいらっしゃいまし〜



のりだー




1ヵ月経ちました

きむ とのルームシェアを始めて1ヵ月が過ぎました
意外といっては何ですが、結構、普通です
僕の親・姉は結構、心配していましたが…


昨日、お会いした人に「痩せた?」と聞かれました
体重計が無い環境ですので、痩せたかどうかが分かりません
野菜中心の生活が、痩せさせてくれているのかもしれません
決して、ストレスではありませんよ
ストレスフリーな生活です
恐ろしいくらいに…



細かい内容は端折りますが
ルームシェアだからこそできる新しい発見があります
参加したイベントの感想を話したり
密談した内容を話したり (それは密談なのだろうか…?)
仕事が終わって、帰宅してからの夫婦の会話みたい


参加した行事・イベントの感想・価値観の共有と掘り下げ


当たり前ですが、考え方が違う両者ですので、これが面白いです
言葉のキャッチボールで、新しいものを学ぶ
素敵なことだと思います
単なる自己満足といえば、それまでですが…


お越しになられる皆さんも、議論がしたい内容の持込も面白いですよ〜
答えが無い問題を議論する
頭を使って、新しきを学ぶ
人間の可能性が広がる
いや〜、ホント、素敵ですね (名前忘れたけど、映画の宣伝風に)



取り留めの無い文面ですが、なんとなく書いてみました

こんな文面にお付き合い頂き、ありがとうございます

                               by  もち

小さな図書館へ

 もちです

休日出勤中ですが、一段落着いたので休憩がてら…


昨日、仕事が終わってからD氏からのメールがきっかけで、突発的な鍋会が始まりました
住人2人+D氏+M氏
呼べばもっと来たのかも



実はその日、ブックオフで本を購入して来ました
おかげで帰りが遅く、始動が遅かった…
10日までに読み終わるのを目標にがんばっています


鍋会が済み、読書会になりつつ…
そしてD氏が本を借りていきましたとさ

リクエストのあった本の貸し出しが始まりました
もちろん、ルールは不明確な点がありますが、基本的には常識の範囲内で


きむら・もち個々の本ですので

原則としては、貸し出し時に持ち主の同意 

が必須になります

貸し出し可・不可のモノがありますので、ご了承下さい



図書館と言うビジョンはあまり無いけれど
色んな本があると
色んな話題が生まれる
そこから、色んな交友関係が生まれる (かも?)

お互いの見解を話し合うことで
新しい理解が生まれる
そこには、新しい視野が生まれる (かも?)



自分のブログかどッかで書いたけれども
将来的に、一度、本を書いてみたいと思っています


 ● ビジネス書なのか
 ● 風景写真なのか
 ● 詩なのか

ジャンルは決まっていません
暗中模索中です

そんなこんなで、本に接する機会を増やしていこう
それが「小さな図書館」のビジョンなの (かも…)



自分のブログやツイッターでブクログと言うものと連動させて
本の感想を書いています

後々、こちらにも本の紹介カテゴリーを加えて行こうと思っています

お勧めの本の紹介もお待ちしています
本の寄贈もお待ちしています (笑)

                                   by もち

room-1984 ハジマタ!【 はじめに2 】

 
 もちによって「 はじめに 」が投稿されましたね。
 ついに、本当に始まります。名古屋は金山ルームシェア。

 住人2のきむらでございます。 どうぞお見知りおきを。


 まずは、「 はじめに 」をお読みください。
 私の話はそのあとに時間ができたらお読みください。


 さて、この場におけるわたしがやることといったらただ1つ。

 「 悪ふざけ 」です(笑)

 だいたいこの2人でのルームシェアなんて始まったが最後、成功しているような
 もんですw だから私は悪ふざけでもしていようかと。。。もちの舞台の中で
 ただただ遊べば、はい、できた。 っと、ばかりに、舞っておればよいのです。

 ザ ・ フ リ ー ダ ム !

 わははははは、もちにもこんなことは言っておらぬ!

 これぐらいバラバラでもいっしょに住むことはできますw
 それは私が幼少期に経験済みです。


 まぁ、しかし、あんまり無目的でもいけませぬので、この部屋のタイトル、
 「 room-1984 」の由来でもご説明いたしませう。


 1984ってのは、村上春樹の小説ですね。「 1Q84 」。
 はい。読んでません。買ってません。内容知りません。

 ただ2人とも1984年生まれの22歳だったので、何となく1984と言ってみたら
 @manaminseijin に気に入ってもらえたようで。そんなこんなで馴染んで
 来ちゃったわけです。

 でも、「 1984 」だけじゃ、ねぇ。

 なんか物足りないし、1984年生まれの人たちの場所みたいじゃないですか。
 それはやだなぁ、ってw

 「 room 」はそんな経緯で付け足されました。
 boxとか、placeとか、挙がった案を全部跳ねのけて、きむらがひとこと。
 「 やっぱりroomやなぁ。 room1984で。 」
 居候のくせに態度がでかいですw

 ここでいう「 room 」は、勿論ルームシェアのroomでもあるのですが、
 主に「 余白 」という想いを込めています。

 余白。余地。余り。余生。隙。
 余白は不足。 満ち足りない何かでもあり、余裕でもあります。

 未知の部分があると言うこと。
 決まっていない部分があるということ。
 アンダーコンストラクション(構築中)であるということ。

 常々、遊びにはこの「 余白 」が必要だと思っています。
 余白があるからこそ、自分でつくっていける。彩っていける。


 鬼ごっこやトランプに地方ルールがあるのも、決まりきっていない何か
 があるからです。そして、決まりきっていないから、楽しいのです。


 満たされてしまったら、おもしろくないでしょ?

 だから、余白をもつ。余白が空いていたら、誰か入って来れるじゃない。
 完成させなけりゃ、誰かがつくれるじゃない。


 room-1984 は来る人にとっての余白になるかもしれないし、
 そこに集うコミュニティの余白をつくるかもしれないし。

 そもそもこの試み自体が余白である。

 だからこそ、ワクワクする。

 
 ここに来て、余白を埋めてみてください。
 多分、その先に新たな余白が待っております。


 room-1984 は、きっと、そんな場所です。


by きむら



はじめに

投稿第一号です
若干、緊張しますね

今回は、部屋のコンセプトについて、管理人:もちの勝手な考えを記載しましょう

なぜ、ルームシェアを始めたかの理由に関してと通ずる所もあります
ただ、いまはとりあえず、コンセプトのご説明を


 仝鯲スペース(≒たまり場)として

 ・新しい出会い・交流を生み出す場
 ・既存の交友関係の掘り下げとなる場
 ・小さな図書館、勉強会、ミーティング会場としての場

 人が集まることで、新しい学びがある
 新しい人との出会いには、更に新しい世界がある
 仮に少人数であっても、新しい世界がある

 「お互いの友人が気軽に集まれる場所」にします


◆,互いの生活の拠点として

 
初めて実家を出た【もち】にとっては、家事は新鮮です
 仕事の後ですので、疲れている事も多いですが、それを覚悟の実家離れ
 そして、ルームシェアにより、常に部屋を綺麗にしなきゃいけない重圧(笑)
 
 大変な事も多いけど、それ以上に嬉しいことがあります

 テレビの無い空間だからこそできる事
 お互いが本を持ち合っているからこそ読める本
 二人で済むからこそできる様々な出会い

 【もち】としては、日常生活を通しての自分自身の掘り下げをします

   
 将来の自分にバトンを渡す場所として

 かっこいい言葉で表現してみました
 
 お互いが目的意識を持って始めたルームシェア
 この生活が終わる頃には、お互いが描いている夢に近づく自分がいる
 その自分に対して、バトンを渡す






 住民だけでなく、集う人に対してもその様な影響を与える

 この場所を経て、新しい交流を経て、交流の掘り下げを経て

 将来の自分にバトンを渡してほしい


住民、友人にとって、この部屋が快適な、次に繋がる場所になる様に

そう願いながら、締めくくります

長文ながら見て頂き、ありがとうございました m(_ _)m

                                                              by もち


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブス

最近のコメント

  • このRoom-1984も、終わりが近づいています
    もち
  • このRoom-1984も、終わりが近づいています
    tamorrow
  • お好み焼き会
    もち
  • お好み焼き会
    たも
  • Room - 1984の悲劇
    もち

links

プロフィール

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM